食育で家族を幸せにする父と息子の話

食育男子

未分類 食育

お父さんにも出来る食育の話 

更新日:

「食育」という言葉を知ってますか?目的や指針はさまざまですが、食育とは知育・徳育・体育の基礎であり食育基本法で定められた教育法の1つ。
子供のためにいろんな習い事に通わせたりと、頑張っているお父さんお母さんはたくさんいらっしゃると思いますが、家庭でも出来る子供の心と身体を育てる素晴らしい教育。それが食育です。
食育男子である私が行なっている食育は、子供の幸せな未来を願い、親と子で楽しくおいしい食事をする事にテーマを置いた食育です。
本記事では、私の実体験を元にした食育を行うことで得られた効果と、お父さんにも実践できる食育の方法などを紹介していきます。

1.食育をすると良いことって何?

  • 健康的で豊かな心を持った心身をつくる
  • 自分で考え行動する力が身につく
  • 健康的な心と体が育つと人生が変わる

食育をして良かった事、つまり食育の効果ですが、なにより子供の健やかな成長を育むという事です。良く言われるのが、肥満や生活習慣病、栄養の偏りを防げるという事ですが、もう少し具体的に説明します。

食育で健康的な食生活をする事によって、強く綺麗な体づくりが出来ます。

強い体とは、子供の体に合った筋力や骨を作るということ。日頃運動をしている子にはより効果があり、サッカーや野球などスポーツの得意な子が育ちます。 綺麗な体とは、お肌の問題の改善や太りすぎ痩せすぎなどを防ぎ病気になりにくい体になるということ。特に子供の悩みで多くあるアトピーや乾燥肌への効果は早めに実感できる事が多くあります。   

そして食育を通して、家族と一緒に楽しく味わうこと、生き物の命を食べていることを知り、生産者や調理をしてくれる人を知ることで、感謝する気持ちを持った健やかな情緒が育ちます。

そして、私の実体験でなにより実感したのは知能や意欲の成長でした。

その成長は、特に料理の中で感じる事ができます。はじめは言われた事をやってみるだけでしたが、慣れてくると料理で使う食材を自分で確かめたりお鍋で煮てる間に野菜を切ろうなど、計画性が出てきます。料理を作る事によって自分で考え計画して実行する力が付きます。
美味しいか美味しくないか。好みは人それぞれですが料理の答えはすぐ目の前にあります。野菜炒め一つとってみても、炒める時間が短過ぎれば食べたときに硬いままであまり美味しくないな。など、行動した事がすぐに結果として出てくる料理は子供の知能と行動意欲を育む最高の教材なのです。              

このような効果のある食育をすすめ、健康的な心身を育てることによって子供の人生も徐々に変わっていきます

具体的には、元気でスポーツの得意な子、知能が伸び勉強が得意な子は、自分に自信を持てる子になります。うちの子もいじめの対象になったこともありましたが、深く悩むことなく解決出来ました。もちろん食事の場で良いコミュニケーションを家族で持てていた事で一人で抱え込まなかったことや、時間の解決があったのは間違いないですが、 自分に自信を持っていたのでそういった問題にも毅然とした対応が出来たんじゃないかとおもいます。                          

そして忘れてほしくないのが、食育はお父さんお母さんの為でもあるということ。

毎日ご飯を作っている大人でも、食に関して知らないことはたくさんあります。それを子供と一緒に学び、良い食生活を手に入れ長生きして家族みんなで幸せに生きましょう。

2.家庭で出来る食育の具体的なやり方(難しく考えないで)

  • 家族みんなでご飯を食べる
  • 子供と一緒に料理をしてみる

私が最初にはじめた食育はこの2点だけでした。食育のスタートは食に関心を持つことだから、これだけで十分。

家族みんなでご飯を食べる。これはどの家庭でも普通にあるかもしれません。もし、お父さんやお母さんが仕事で忙しくて一緒に食べれてないなら、休みの日や、みんなで少し早起きして朝食だけでも良いので一緒にご飯を食べる時間を作ってください。

食べるご飯も、お米でもパンでもシリアルでもなんでも良いと思います。意識して欲しいのは何を食べているのかを知る事。いただきますとごちそうさまをちゃんと言うこと。まずはこれだけ。

お米を食べるのであれば、おかずの具材に何が入ってるのか子供に聞いてみてください。

パンであれば塗ったバターやジャムの作られ方など、なんでも良いです。

何かしら話せることはあると思いますが、何も思いつかなければ「ご飯 豆知識」や「にんじん 栄養」など検索してみるとよいです。2分もあればスマホで簡単に調べられます。 結構、子供が興味を持ちそうなおもしろい事が書いてあります。 そういった食にまつわるお話をしてあげてください。色々知っているお子さんであれば、栄養素や産地など難しい話でも良いし作り方でもOKです。

もう少し頑張れるなら、ご飯の準備とお片付けも一緒に出来るとなお良いですね。

3.お父さんがやるべき理由と利点

食育をお父さんがやるということは子供の成長に想像以上の効果を発揮します。
アメリカ・シカゴにあるノースウェスタン病院の子供を持つ男性の研究を専門としている小児科医のクレイグ・ガーフィールド博士によると、お父さんが育児に携わった子供は言語能力に優れ、学校の成績がよくうつになりにくいという研究結果があるそうです。

ほかにもたくさんありますが、このようなデータもあるようにお父さんが食育という形で育児に参加することにはメリットが沢山あります。

しかし実際に食育に取り組んできた私が感じたメリットは少し違います。まず、子供の心身の育成を除けば、私が感じた最大のメリットはズバリ夫婦関係と家族関係の改善。もともと夫婦関係も家族関係も悪いわけではなかったですが、より良くなりました。

その理由はいくつかありますが、奥さんの負担が減ったというところが大きかったです。

食育の一環で、ご飯の準備を子供と一緒にやるといことは奥さんの手間が減りますよね。さらに時々であっても料理を作るとあれば奥さんは大助かりです。ただ、それならば他の家事だって同じですよね?それだけで奥さんが喜ぶの?

きっと喜んでくれます。

なぜなら子供と一緒にやっているから。夫婦で家事育児をやられているお父さんはご存知かもしれませんが、お家の事はやることが沢山あるんですよね。しかも子供を見ながらではなかなかはかどらないこともしばしば。なので、お父さんと子供が一緒にご飯の準備をしてくれていたら間違いなく喜んでもらえます!

子供の豊かな発育や情緒を育み知能や運動能力まで伸ばし、さらにはより良好な家庭の形成に役立つ食育!それが日常生活の中でほんの少し意識を変えるだけで出来るんですからやらないという選択肢はないと思います。

最後に伝えたい食育男子の心得(重要)

もしかしたら料理経験もほとんどなく、育児にも苦手意識があるという方もいるかとは思います。そうじゃなくも料理には苦手意識を持つ人は珍しいことではありません。

それでも諦めないでください。忙しいを理由にして子供との大切な時間を作ることをやめないでください。

週に1回、月に1回、子供や奥さんの誕生日などの記念日だけでもいいです。育児も料理も最初から完璧なんてありません。積み重ねてきた経験が大切で、その積み重ねは必ず子供や自分、家族の力になります。出来るときに出来ることから出構わないので、まずは始めてみましょう。

そして、食育は家族が家族のためにできることです。いつもキッチンに立つのがお母さんなら、お父さんが食器や調味料のある場所がわからなかったりしても怒らずに、そっとサポートしてあげてください。お願い致します。

ココ食育男子では頑張っているお父さんやお母さんを全力で応援します。簡単で美味しくて楽しい!をたくさん経験しましょう!

 

 

 

-未分類, 食育

Copyright© 食育男子 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.