食育で家族を幸せにする父と息子の話

食育男子

おすすめ包丁 クッキングギア

【厳選!初心者におすすめのカッコいい包丁8選】使い方と選びかたもご紹介

更新日:

料理をするうえで欠かせない包丁ですが、食材を切るという役目だけではなく料理を楽しくするクッキングギアという見方もあると思います。

そんなアイテムを手に入れたいと思う方に、家庭で使うのに丁度よく、さらにカッコいい包丁を、まだmy包丁を手に入れてない方は、ぜひお気に入りの包丁を見つけてください。

今回おすすめする包丁は、プロが使う専門的な用途のものではなく、初めての包丁である程度何にでも使えるような包丁を、カッコいいという視点も入れてご紹介していきます。

 

 

包丁の選び方

選ぶと言っても、初めての包丁を探すなら「使いやすさ」が大切。

だから初めての1本には「肉」「やさい」「さかな」と食材を選ばず使える【三徳包丁】や【牛刀】などの万能包丁をおすすめします。

万能包丁があれば、食材ごとに包丁を持ち替えることなく使えるから、必須の1本とも言えるでしょう。

では、その【三徳包丁】と【牛刀】を、違いなども知りながら選んでいきましょう。

 

【三徳包丁】と【牛刀】のちがい

形はよく似ていて、どちらもお店でよくみる包丁ですが、その特徴には少し違いがあります。

三徳包丁

三徳包丁とは、日本の菜切包丁と西洋の牛刀の特性を組み合わせた万能包丁。

三徳の名前にあるように、肉、野菜、魚の3つの用途に使え、幅広い使い方が出来る包丁です。

形の特徴としては、刃先がやや丸みを帯びていて包丁の持ち手部分から刃先までの部分がまな板に対して平行な作りになっていて、比較的幅が広いのが特長です。

家庭で使われている包丁で、1番多いのがこの三徳包丁なのではないでしょうか。

初めての1本にするなら三徳包丁が良いかも。

 

牛刀

先ほどの三徳包丁が牛刀をの特性を持っていると紹介した通り、牛刀も用途としては同じで、肉、野菜、魚と何にでも使える万能包丁。

どちらかというと、牛刀は西洋で生まれて包丁という事もあり「肉」を切りやすいという特徴があります。

その理由が形状にあって、三徳包丁とは違い刃先がとがっていて、持ち手から刃先までが緩やかなカーブを描いた形をしていて、三徳包丁に比べて幅がやや細身の鋭くなっています。

鋭くなっているので、お肉や魚などを切るときに刃を入れやすく、とくにブロック肉などを切る際には使いやすくなっています。

名前が牛刀で、肉、魚を切るのに向いているけど、野菜を細かく切ったりするときにも使いやすく、外国ではシェフズナイフと呼ばれている万能包丁ですよ。

ちなみに私がメインの包丁として使っているのは牛刀。

 

使い方の違い

今回は三徳包丁と牛刀の基本的な使い方について説明しますが、包丁を使う際には、まな板がずれないようにまな板の下に濡れぶきんなどのすべり止めを敷くなど、包丁を正しく使うための準備も忘れずにしてくださいね。

どちらも使い方はほとんど同じですが、包丁は「前後に動かしたときに切れる」。という事を覚えておいてください。

では、それぞれの特性に合った包丁の使い方を紹介します。

 

 

三徳包丁の使い方

三徳包丁は、菜切包丁の特徴を持っていて直線になっている部分があるため、まな板に刃を当てた時、まな板と刃が接する部分が長くあります。

なので、食材を切るときには刃の前方を食材にあてて、手前から斜め下に向かって押すようにします。

そして、最後は包丁をまな板にむかって真下に押して切ります。

これが食材の繊維をつぶさずに綺麗に切れる、三徳包丁の基本の使い方の「押し切り」。

食材としては、野菜などを切るときの切り方ですが、カボチャや固いものを切るときには、食材に当てた包丁の上から手を当てて、真下に力を入れて切るという使い方もできます。

逆に肉や魚を切るときには、刃を手前に引きながら切る「引き切り」のほうが切りやすいです。

ブロック肉などは、一回で引き切り出来なかったりするので、何度か押したり引いたりしながら切ると思います。

・基本は手前から奥に向かって「押し切り」

・肉、魚は奥から手前に向かって「引き切り」

 

 

牛刀の使い方

牛刀の使い方も基本的には同じですが、刃の形がまっすぐではなく緩やかなカーブを描いていて刃の長さも長いものが多いという特徴から、「押し切り」「引き切り」がとてもやりやすくなっています。

三徳包丁よりもブロック肉やハムを切りやすいですよ。

ただ、刃の部分がカーブしているので、まな板に対してまっすぐ切っても食材が切れていないこともあるので注意しましょう。ここは慣れだと思いますが。

牛刀の使いやすい点としては、魚をさばく時や肉の筋切りをする時です。

刃先が鋭くなっているので、三徳包丁よりも食材に刃を入れやすくなっていて、少し刃を立てるだけで食材に刃が入るので、そういった細かい作業は牛刀に向いている点ですね。

・基本は「押し切り」「引き切り」

・細かい作業が得意

・刃がカーブしているので食材が切れていないこともあるから注意

 

 

まとめ

三徳包丁と牛刀の形状の違いから、使い方に若干の違いはありますが、基本的にはどちらも万能包丁なので、特に食材を選ぶことなく使うことが出来ます。

初心者の方は、魚をさばいたりブロック肉を切るなどの作業は少ないかと思いますし、野菜の千切りなどがしやすい三徳包丁を選ぶのが無難かと思いますが、慣れてしまえば牛刀もまったく不便は感じませんよ。

ちなみに私は牛刀のほうをよく使っています。カッコいい気がするからw

 

 

包丁の材質で選ぶ

包丁を選ぶ基準でとても大切な材質。

材質によって、切れ味やお手入れの仕方、持ち具合などが違うので、その特性を知ったうえで自分の好みの包丁を選んでくださいね。

包丁の材質として多く使われているステンレス・鋼・セラミックの3種類とその他の包丁についてご紹介します。

 

ステンレス

家庭用の包丁として一般的に使われているのがステンレス。stainless(さびない)という名前の通り、さびに強い素材です。

その材質の特徴から適度な重みがあり、切れ味も落ちにくい事から家庭で広く使われている包丁ですが、切れ味という点においては若干ですが鋼に劣るところです。

それでも、サビにくい・刃こぼれもしにくい・切れ味も良い・お手入れ簡単なので、家庭で使う包丁とでは一番扱いやすいです。。

一口にステンレス包丁といってもステンレスの種類は豊富で、安い価格で切れ味が良いものは刃が薄くて欠けやすい(耐久性が低い)事もあるので、少し価格が高くても良い包丁を選んだほうが良いと思います。

切れ味が悪くなった時の研ぎなおしはやりやすく、砥石やシャープナーで誰でも出来ると思いますよ。

刃だけではなく、柄の部分までステンレスで作られている「オールステンレス包丁」は、衛生的にもいいし、そのすっきりした見た目はカッコいいので、おしゃれ包丁としても人気がありますよね。

 

特長

・さびにつよいからお手入れがしやすい

・研ぎやすい

・見た目がいい

 

 

鋼(はがね)

鋼(はがね)とは、炭素を含んだ鉄の合金で、炭素鋼と呼ばれています。

ちゃんと手入れがされた鋼の包丁は、切れ味が抜群で最高の包丁と言えるかもしれません。

ただ、材質の特性からサビには弱く、濡れたまま置いておいたりするとすぐにサビてしまったりするので、お手入れの手間が結構かかるのが難点。

研ぎやすさは、適度な柔らかさを持っているからステンレスよりも研ぎやすいので、こだわりをもって手入れを怠らずにできる人には長く使える最高の包丁になると思います。

 

特長

・切れ味最高

・ステンレスと比べてサビやすい

・お手入れの頻度は多く手間がかかる

・大切に使えば長く使える

 

 

セラミック

セラミック包丁は他に比べ新しい素材で、そもそも金属ではなく陶器の一種です。

一番の特徴は硬さ。硬くて摩耗に非常に強いから切れ味がとても長持ちします。

金属じゃないからサビることもないし、軽いし、食材に金属のにおいが移ったりすることもありません。

と、ここまで見ると完璧な包丁のようにも思うのですが、セラミック包丁にも弱点があります。

それは割れやすいという事。

素材が陶器で金属のような柔軟性がないから、落としたりぶつけたりすると、すぐに欠けてしまうのです。

しかも包丁が欠けちゃうと、自分で研ぎ直すのはとても難しく、専用のシャープナーもありますが、なかなか思うようには研げないというのが残念なところ。

白い刃は素敵だし、手入れも簡単だから使いやすいんですけどね。

骨があるお肉やお魚には向かないですが、野菜やフルーツとの相性はとても良いので、サブの包丁として持っておくのは良いかもしれませんね。

特長

・サビない

・切れ味長持ち

・お手入れ簡単

・欠けやすい

・研ぎにくい

 

 

その他

複合材

複合材とは、「ステンレス+鋼」「軟鉄+ステンレス」など、異なる金属をくっつけて作られている包丁です。

ハガネ三層鋼と呼ばれる材質の包丁は、切れ味の良い鋼を錆に強いステンレスで挟んだ作りをしているように、お互いの良いところを合わせたりしています。

ただ、特殊な加工や製法が必要なため、その価格は高い傾向があります。

ダマスカス鋼

ダマスカスの包丁というと、刃に独自の縞模様がある高級包丁ですよね。

この縞模様は、異なる金属を重ね合わせて鍛錬することによって作られているそうで、それを刃の部分である鋼に張り付けてダマスカス包丁は作られています。

つまり、普通の複合材の包丁の見た目がカッコいいやつがダマスカス包丁なので、切れ味は特に変わりませんが、良い金属を使っていることが多いから、見た目と合わせて満足感はあると思います。

包丁好きの方に言わせるとコスパの悪い包丁との声もありますが、個人的にはデザインも含めて使う理由となると思っているので、そのデザインにお金をかけるのは悪いとは思いません。

実際、人にプレゼントすると喜んでもらえるし、カッコいい包丁は料理したくなるからとてもおススメな包丁の一つだと思っています。

 

 

サイズで選ぶ

包丁を探してみると様々な長さがあると思います。

では、自分が使う包丁の長さはどのくらいが丁度よいのか見てみましょう。

 

家庭で使いやすい包丁の長さを知る

あくまでも家庭で使うという事を念頭に置きましょう。

おすすめの長さは18センチ~21センチ。私は18センチの三徳包丁と21センチの牛刀を使っています。

プロの料理人の方たちは24センチぐらいの長い包丁をおすすめしたりしていますが、それは広い調理場や大きいまな板があっての事。長い包丁なら、大きなブロック肉などを切るときに一回で切ることが出来たりして楽ですけど、18センチぐらいの包丁でも使い慣れればそんなに気になるところではないと思います。

それよりも、長い包丁を前後に動かしながら使うとき、まな板から大きくはみ出すと周りのものに刃が当たってしまったりするし、調理場が狭いと不意に包丁にぶつかって落としたりして危険だから注意してくださいね。

普通の家庭で使うまな板は20センチ前後のものが多いので、私は家庭で使ているまな板の長さに合わせた包丁を使うことをお勧めします。

それならまな板を大きくすればいいんじゃないかとも思いますが、洗う時のことも考えましょう。

シンクが広ければ良いですが、そうでない場合、大きなものを洗うのは結構大変。シンクに対して大きなまな板を洗うと、水が周りに垂れてしまうこともありますからね。あれ嫌い。

 

値段で選ぶ

 

・安い包丁は、材料や加工に、あまり手間がかけられていない

・高い包丁ほど、材料や加工に手間や技術が多くかけられている

 

と、当たり前ですが包丁の切れ味などは値段に比例するものが多いです。

じゃあ高い包丁を買えばよいかというと、一概にそうとも言えないので、ここまでに紹介した包丁の選び方を参考にしながら、自分に合った包丁を探しましょう。

価格としては、5000円~10000円ぐらいで選ぶと、包丁メーカーの売れ筋(それなりに力を入れているもの)が買えると思います。

探してみると、良い金属や技術が使われているのに値段がそこまで高くない、いわゆるコスパの良い包丁も結構あります。

 

 

メインの1本におすすめの包丁

ここまで包丁の選び方や使い方についてご紹介してきましたので、なんとなく自分が使うのに適した包丁がどんなものかわかってきたと思います。

なので、こおからは私が厳選した初心者におすすめの包丁をご紹介していきます。

おすすめの三徳包丁5選

オールステンレス包丁のおすすめ3本

グローバル 三徳 刃渡り 18cm G-46

9,720円(税込み)

・サイズ:刃の長さ18/ 全長30/ 重さ170

まずは、いわずと知れた世界的に有名な包丁ブランドの「グローバル(GLOBAL)」から1本。

世界に先駆けてオールステンレスの包丁を世に出したことで有名なグローバルは、新潟県燕市にある吉田金属工業が製造している日本ブランド。

子の包丁の最大のおすすめポイントは何といってもデザイン性の高いステンレス一体型包丁といところです。

ステンレスの刃と柄が一体型になっているスタイリッシュな形なので衛生面に優れますし、刃と柄の間から劣化することもないのでお手入れがとっても楽ですから、「見た目」「お手入れ」のどちらも望む方におすすめです。

さすが日本製という事もあり、切れ味も良いです。

デザインが他の包丁とは異なっているので、お得だしセットで揃えるというのも統一感が出るからアリですね。プレゼントにも良いと思います。

GLOBAL GST-B46 三徳3点セット 特典付:貝印 T型ピーラー&ふきん

17,280円(税込み)

 

 

MACスーパーフッ素包丁シリーズ 三徳16cm/マック ワンサイズ ブラック

8,964円(税込み)

・サイズ:刃の長さ16.5/ 全長約30/ 重さ約200

黒い包丁はカッコいい!男子ならこの見た目で欲しくなるはず。

ステンレス一体型包丁というだけでなく、刃にスーパーフッ素樹脂加工がされているので汚れが付きにくく刃のすべりが良いのでストレスなく食材をカットできます。

さらに、モリブデン・バナジウムという金属が加えられている高級な鋼を使用しているため、普通のステンレス包丁よりも切れ味が良くなっています。

 

 

次世代の三徳包丁「クロの包丁」

9,996円(税込み)

平野レミ公式サイトより引用

子の包丁は、料理愛好家の平野レミさんが監修した「レミパン」などを販売している「remy」が出している包丁で、2018年度グッドデザイン賞を受賞している包丁です。

  1. オールマイティに使えること
  2. 切れ味が良いこと
  3. 切れ味が長持ちすること
  4. 手入れがし易いこと
  5. 刃離れが良いこと

これを「良い包丁」の定義として4年をかけて研究・開発された包丁で、そのこだわりがたくさん詰まっています。

芯材にモリブデン・バナジウムを配合した三層鋼が使われており、プロレベルの切れ味と耐久性があります。

さらに黒いコーティングは特殊なフッ素コーティングとなっていて、バターやチーズなどの刃にくっつきやすい食材もはがれやすくなっていて、調理のストレスを感じることなく使うことが出来ると思います。

そのコーティングが黒い刀身をつくっていて、シンプルなかっこよさがあるから男性女性問わず好まれるデザインでもありますね。

こんなにこだわりが詰まっていながらこの価格というのは、とても安く感じます。

私は、まだ持っていないのですが一番おススメしたい包丁です。

購入したら詳細なレビュー記事を書きたいと思っています。

この投稿をInstagramで見る

 

remyさん(@remy_kitchen)がシェアした投稿 -

 

ステンレス包丁おすすめ2つ

 

関虎徹 V10 鍔付 三徳包丁 180mm YG300

5,400円(税込み)

こちら、プロも使っているぐらい人気のある包丁。Amazonのレビューも超高評価で、そのレビューを見れば使用者の満足度の高さがわかると思います。私もレビューを見て買っちゃいました。

人気の理由はなんといっても切れ味!柔らかいトマトもスッと切れるし、今まで切れ味の悪い包丁を使っていた人が使ったら怖くなるレベルに切れます。

その他にも、切っ先の形状が普通の三徳包丁に比べて尖っているので、普通の三徳包丁よりも細かい作業がしやすい。たとえば肉の筋切りとかとってもやりやすいです。

あとは、V金10号の高級鋼材を使っているのに5,000円台で買えるというのも人気の理由かと思います。たぶんこれほど良い包丁をこれより安くは買えないと思う。

 

MIYABI ミヤビ 5000MCD 三徳包丁 180mm ダマスカス 多層鋼 日本製 34374-181

37,800円(税込み)

ツヴィリングはドイツに本社を置く双子のマークで有名なキッチン用具メーカーで、その中でも高級ブランドである「MIYABI」の包丁です。

しかし生産は、日本のナイフメーカーでおこなっており、日本の技術と美しさを体現しているブランドです。

子の包丁の特徴は何といっても、101積層構造フラワーダマスカス仕上げの刀身。

そして柄には天然のカバ材を使っており、その一つ一つ異なる木目は唯一無二の自分だけの包丁が欲しいという方にはぴったりだと思います。

お値段はとても高いですが、高級包丁を持ちたいと思う方にはこのように他とは違ったものが良いのではないでしょうか。

 

 

おすすめの牛刀3

お次は牛刀をご紹介します。

三徳包丁も良いですが、料理好きであったり使い慣れていくと食材問わず使える包丁なので、選択の候補にしてほしいと思います。

 

牛刀 210mm 包丁 藤次郎作 モリブデンバナジウム鋼 ステンレス 7 エラストマー樹脂柄 ホワイト プロ用定番! TOJIRO color シリーズ

5,832円(税込み)

国内最大包丁メーカーである藤次郎のプロ仕様の牛刀です。

カラーは他にもイエロー・ブルー・レッド・グリーンなどあり、他のキッチンツールに合わせてカラートーンを合わせたいオシャレな方にもおすすめです。

刀身にはモリブデンバナジウム鋼を使用しているので、錆に強く切れ味も長持ちだから家庭でも使いやすい包丁です。

長さは18㎝からありますので、私は牛刀ならその特徴を生かすために21㎝をおすすめしますが、手やまな板の大きさに合わせて丁度よい長さのものを選んでくださいね。

 

同じ藤次郎の包丁で、ステンレスを「折り紙」のように折り曲げて作ったオールステンレスナイフがありますので紹介します。

Tojiro・藤次郎 ORIGAMI BLACK ミラー仕上 シェフナイフ 180mm F-1772M

12,420円(税込み)

この包丁はオールステンレスなので、さびに強くお手入れが簡単という特性はもちろんですが、なによりその斬新なデザインに惹かれました。

かっこよさで選びたいという人には超おすすめ!

 

Misono(ミソノ) モリブデン鋼 牛刀 No.512/21cm

7,930円(税込み)

刀身は モリブデン鋼を使用していて切れ味最高。そして刀身とツバが一体となっているのでそこに汚れがたまりにくくなっているので衛生的です。

この包丁をおすすめする最大の理由は包丁の「バランス」です。

見た目は普通であまり名前も聞いたことがないかもしれませんが、料理人ならだれでも知っている包丁メーカーです。

つまりプロが調理の現場で使っている包丁なんです。

その使い心地はとてもよく、どんな食材を切るときでも包丁の重さをストレスに感じない素晴らしいバランスとなっています。

なので、牛刀入門用の1本としてはこれが一番良いと思います。

 

さいごに

ここまで、包丁の選び方から使い方。そして、おすすめの包丁をご紹介してきました。

今回紹介した包丁は、どれもお勧めできるとてもい包丁ですが、家庭料理において包丁は切るためのものではなく、料理を楽しむためのアイテムの一つだと私は思っていますので、切れ味だけではなく「見た目」でも自分のお気に入りを見つけてほしいと思います。

 

 

 

-おすすめ包丁, クッキングギア

Copyright© 食育男子 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.